<< なんと!!? | main | /Eyes/ >>

スポンサーサイト

0
    • 2017.05.07 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    /Nothingness/

    0
      そこには何があったのか



      手繰りで

      曖昧な記憶をたどる






      微かに触れた

      その記憶さえ

      架空の出来事のよう










      それでも
      確かに有ったはず




      そうだ…

      温もりとゆう塊が

      そこにはあったんだ








      考えるとゆうことから逃げ出して

      さ迷っているだけの「思い」は

      年月さえ関係はなく

      生き延びているのではなく

      そこに存在している…





      いや違う…






      そこに「ある」だけのものになってしまった








      それでも

      古びた過去を復元してみる





      粉々に砕かれた記憶を



      無造作に繋げてみる










      確かに有ったはずの…



      存在していたはずの何かがきっと浮かび上がると信じて










      また

      思考が希薄になる








      見えない力が

      見えないこの霊を暗闇に引きずり込む







      眠りと呼ぶには悲しすぎる



      無と呼ぶには寂しすぎる



      そんな永い時間にまた押し戻される















      また総ての感情を消され



      永い永い



      眠りにつく










      スポンサーサイト

      0
        • 2017.05.07 Sunday
        • -
        • 06:34
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM